人間関係の悩み

人間関係の悩み

難しい人間関係

1人の人間が関わる社会は一般的には一つではなく、複数の社会に帰属しています。
社会によって立場も異なり、居心地も様々です。

しかし、一つの社会での人間関係に歪が生じると、他の社会への影響も連鎖的に起こりやすく、
精神的に追い詰められ、自分の居場所を見いだせないまま一人で悩むケースは少なくありません。

誰もが自分のことで精一杯で、他人の悩みにまで気づくことができないものです。
また、気づいたとしてもできることには限りがあります。
どうやって解決の糸口を見出せば良いのか、それを探すのがカウンセラーの仕事です。

 

職場での立場

企業の規模や部署によっても多少の違いがあるものの、
期待通りの成果を求められる職場ではストレスはつきものです。
余裕の無さから部下や同僚に対して神経が行き届かない場合もあるでしょう。

思うように結果が出せなかった場合、叱咤されたり、信頼を失ったり、評価に影響してしまいます。
同期が皆、自分よりも先に昇進したり重要なプロジェクトを任されたりすれば、
一人取り残された様な気持ちになるのは当然のことです。

 

学校という閉鎖社会

大学はある程度開放的な社会ですが、小学校から高校まではルールに縛られて生活しなければならず、
多くの児童、生徒にとって許容できない部分があるのです。

その心の歪がもたらす児童、生徒同士の力関係が流動的ではありますが出来てしまいます。
また、先生と生徒の関係性も双方にとって悩みの原因になり得ます。

家庭も一つの社会で、人間の核の部分を形成する社会単位と言えます。
いかに円満な家庭であっても、相互に不満を抱えることがあります。

親が子どもに対して期待することと、子どもが親に求めることに食い違いが生じれば、
徐々に心の均衡が崩されていきます。DVや精神的虐待などがあるケースは別として、
表向きには仲の良い家族程他人はもとより、そこに潜む問題に本人すら気づかないこともあるのです。

 

トラブルの原因

精神的な疲労を感じたり、不安や恐怖が日常的にある場合、
カウンセラーに相談する事が解決への近道であるケースが多いのです。

多くの場合、ネガティブな思いが形となって表れた結果であることが多いのです。
自信の無さや、やる気の無さなどは、同じ社会に属する他人にとって攻撃の対象となりがちです。

人間関係を改善する最初の一歩は、自分を知ることです。
自分の言動が人の目にどう映るかを知ることで、何を改善すれば良いのか見えてくるのです。
人の自分に対する態度というフィルターを通して、他人の目に映る自分を見ることができるのです。

カウンセリングは個別に行う場合と、複数名で行う場合とがあります。
人間関係のカウンセリングは、セミナー形式が効果的ですが、個別にカウンセリングを行うことで、
よりきめ細かいケアが可能となります。