学校カウンセラー

学校カウンセラー

大人でさえ生きにくいといわれるこの時代、子供も心に色々な悩みを抱えています。
だからこそ、そんな子供たちの悩みを聞く存在として、学校カウンセラーを設置することが
もとめられているのでしょう。

小学生でも、親や教師にはなかなかいえない様な悩みを持っている子供はたくさんいます。
特にいじめの問題などは、子供はなかなか悩みを打ち明けることができない様で、色々な悩みを抱えたまま、
毎日を過ごしているという場合も少なくありません。

だから、悩み相談のプロであるカウンセラーが子供の悩みを聞き、気持ちを開放してあげる必要があるのです。

 

学校カウンセラーになるには

学校カウンセラーになるには、以下の条件を満たしていなければなりません。
大学教員・精神科医・臨床心理士、このうちどれかの資格を持っていることが、学校カウンセラーになる条件。
しかし、ほとんどの場合臨床心理士がなるということが多いみたいですね。

なんと、学校カウンセラーとして働いている人の中で、臨床心理士の資格を持っている人は9割。
臨床心理士が、どれだけこの世界で大きな影響を与えているのかを知ることができます。
この為、学校カウンセラーになるためには、まず臨床心理士の資格を取得することが近道になるでしょう。

 

臨床心理士になるには

臨床心理士は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定を行っている資格です。
大学院にて専門課程を修了することで、臨床心理士の資格試験を受けることができる様になります。
注意したいのは、臨床心理士は「一度取得したらずっと使い続けることができる資格」ではないこと。

臨床心理士として資格を取得したとしても、仕事を続けるためには、5年おきに更新を行わなくてはなりません。
それだけ仕事内容が難しく、高度なレベルを要求ざれる資格と言えるでしょう。

 

学校心理士という資格も

学校カウンセラー以外に、「学校心理士」という資格があることをご存知でしょうか。
こちらは大学を卒業して実務を5年以上行うか、大学院で専門課程を学んだ後に、
実務経験を1年以上にわたって積む必要があります。

学校カウンセラーは募集そのものが少ないので、なかなか就職先は見つからないかもしれません。
それでも、コツコツと就職活動を頑張ることで、必ず道は開けるはずです。

学校カウンセラーになるためには、やはり根気もいります。
「何がなんでも学校カウンセラーとして働きたい」という熱意も必要です。
チャンスがあればそれをアピールしてみて下さい。