カウンセラーの種類

ELL75_yousyohondana20120620500-thumb-1195x800-5064

カウンセラーにも種類があり、それぞれのカテゴリで役割を果たしています。
こうして、細分化が行われているということは、それだけ業界の事情に特化した
カウンセラーの存在が必要になっているということなのかもしれませんね。

そんなカウンセラーの種類についてご紹介しましょう。

参考:カウンセラーの種類

 

産業カウンセラー

特に、大手企業で働くことが多い様です。
大手企業の中には、仕事の忙しさや人間関係などから重い悩みを持つ人もおり、
そんな人が気軽に相談できる存在として、カウンセラーを雇うケースがあります。
ただし、正社員ではなく非常勤として雇われることが多いそう。

また、それらの悩み相談を聞くばかりでなく、スキルアップをしたいと
考えている社員に対し、サポートを行うこともあるそうです。

スキルアップについての悩み相談を聞くこともあり、
まさに「企業内の悩みなら、何でも聞く」という役割なのかもしれません。

 

スクールカウンセラー

学校内で起きる悩みについて、話を聞くカウンセラーになります。
いじめや不登校に苦しむ子供の相談や、親の悩みを聞くことが、スクールカウンセラーの役割。
現代では、子供の人間関係も複雑化しています。

また、親であっても子供の姿を全部は把握することができないことも多く、
そんな時に悩みを聞く立場として、スクールカウンセラーがいるのです。
子供たちが心身ともに健やかに成長することができる様に、お手伝いをする仕事になります。

 

ドッグライブカウンセラー、ホリスティックケアカウンセラー

現代社会において、ペットの存在は家族と同じものになっています。

そんなペットたちが幸せに生活することができる様、飼い主に対して
アドバイスを行っていくのがホリスティックケアカウンセラーの仕事になります。
ペットにとっていい環境と、人間にとっていい環境には違いがあるもの。

そんな中で、双方が心地よく生活するにはどうしたらいいのかを考えるのが、
ホリスティックケアカウンセラーです。

そして、犬のしつけで悩んでいる人のためにいるのが、「ドッグライフカウンセラー」。
犬のしつけや飼い方の相談に乗ってくれるカウンセラーです。

ここまで書いてみて解ると思いますが、本当にたくさんのカウンセラーが活躍しており、
それぞれが役割を果たすことで、現代人の悩みを解消しています。

もちろん、ここで紹介していないカウンセラーの仕事もあり、本当にたくさんの種類があるのです。