カウンセラーと精神科

カウンセラーと精神科

どうも最近、「カウンセラー」と「精神科医」の区別が
ついていない人が増えている気がします。

また、「カウンセラーは心療内科で働くことができる」と考えている人も多く、
なんだかたくさんの人が「カウンセリングを誤解しているな」と感じる様になりました。
ここで、カウンセラーと精神科の違いを明確にしておきたいと思います。

 

「精神科」は医療機関である

精神科とは、当たり前ですが医療機関のことをいいます。
悩んでいることや苦しいことを打ち明ける場所という点では同じかもしれませんが、
精神科の場合は「精神科医」が対応し、しっかりと「診断名をつける」という違いがあります。

精神科は、

「診断名をつけ、その診断名に沿った治療方法を施していくこと」
「時には、薬の服用や入院を勧める」

という機関なので、カウンセラーが行う業務とはまったく違いますよね。

もし、心の悩みを抱えている人で「薬を服用したい」と考えている人がいれば、
そういう人は精神科へ行ってみるといい答えが見つかるかもしれません。

 

病院より頼りやすいのがカウンセラー

一般的に、カウンセラーは「病院よりは敷居が低い」と言われているそうです。
確かに、病院よりはカウンセリングのほうが行きやすいですし、
こちらのほうが素直に話せるという人も少なくないと言われています。

お医者さん相手だと、どうしても構えてしまって、
言いたいことが言えなくなってしまう人も多いですからね。

そういう人は、カウンセリングを頼ってみると
いい結果が生まれるのではないでしょうか。

もちろん、カウンセラーにも個性がありますので、
「じぶんにあったカウンセラーを探す」ということを、
徹底してみてほしいと思います。

もし、カウンセリングでいい結果を得ることができない場合は、
クリニックにするなど、段階を踏んだ治療をすることができるといいとおもいます。

カウンセラーは心の、病の治療をする第一段階として、
非常に有益なものであるといえます。

精神科の様な専門的な治療を受けられる場所とは異なりますが、
それでも「通ってみて、決して損は所しない場所」であることは、
確実ではないでしょうか。

また、「ただ話を聞いてもらいたい」という時に、
利用することができるのもカウンセラーのいいところです。

カウンセラーにもたくさんのメリットがありますので、
ぜひともそのメリットに応じた使い方をすることができたら良いですよね。

ぜひ、カウンセラーの有意義な使い方を実践してみて下さい。