相談することが当たり前の世界に

相談することが当たり前の世界に

 

何度も繰り返しますが、現代社会には心に何らかの悩みを持ち、苦しんでいる人がたくさんいます。
だからというわけではありませんが、日本では自殺者が増加しているという話もあります。

特に、中高年の自殺が多い様です。
参考:自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

また、近年は10代の若い命が自殺で失われてしまったというニュースも良く流れる様になりました。
本来であれば、健やかに生きることができるはずの少年少女が、自ら死という選択を選んでしまったこと・・・
本当に残念でなりません。

そして反面思うのです。「そうなる前に、どうにかしてやることはできなかったのだろうか」と。

 

心療内科に行くのには、抵抗がある?

今でこそ、心療内科が一般的なものになりつつありますが、それでもまだまだ
「気軽に行くことができる場所」と言うところにまでは至っていません。

精神科ともなると、ますます足が遠ざかってしまうということもある様です。

人が悩みを相談しない理由は様々ですが、その中には「相談することを恥ずかしい」と思っていたり、
若い子だと「親に心配をかける」と考えていたり、様々な考えが見え隠れします。

もっともっと「相談をする」ということが、当たり前になってほしい。
そんな風に考えるのは、私だけではないはずです。

 

カウンセラーの存在を、もっと身近に

文部科学省では、学校にスクールカウンセラーを設置することを推奨しているそうです。
これは、もちろん子供たちの悩みをしっかりと聞くためであると言えるでしょう。

しかしそれだけでなく、もしかしたら「悩み相談をする人が、もっともっと増えてくれたら」
という気持ちの表れなのかもしれない・・・とも思いました。

子供たちの近くに「カウンセラー」という職業の人がいることで、
「相談をしてみよう」と思うことが増えるかもしれませんし、
また「相談をすることが当たり前」と「思える様になるかもしれません。

そんなこともあって、文部科学省では学校カウンセラーの存在に
注目しているのかもしれないと思いました。

今後は、もっともっとカウンセラーが身近な存在になる様に、
みんなで一丸となって努力をすべきではないでしょうか。

誰かに悩みを話すだけで、楽になることが絶対にあるはずです。

そんな「楽になる道」を選択することができる様に、
カウンセラーという資格がもっともっと身近なものになってほしい・・・と願います。

せっかくカウンセラーという仕事があるのですから、カウンセラーの存在を上手に使いながら、
人生を楽しく歩むことができる様にしていけたら良いですよね。