育児は孤独だ

育児は孤独だ

これだけ主婦が叫んでいるのに、
どうして主婦の孤独というのは理解されないのでしょうか。

これまで、色々なところで「主婦の育児」について取り上げられてきたが、
事態はまったく好転していないように思える。

それは「主婦の孤独を癒すことができる様に」なんてのは詭弁で、
本当は何も考えていないからです。

 

韓国の育児事情

韓国の育児事情を聴く機会がありました。

どうやら、韓国でも「子供を育てている主婦の孤独」が問題視されているらしい。
そして、カウンセラーに相談をする主婦が増えているらしい。

国は違っても、問題はわりと似たようなところがある様です。
日本と韓国は近い国でもあるから、そういうところは似通った問題になるのかもしれないですね。
子供を育てている母親と言うのは、子供のために最善のことをしてあげたいと考えます。

おなかがすいたら、すぐにミルクやおっぱいをあげたい。
オムツが濡れたら、すぐに交換してあげたい。
夜鳴きをしたら、抱っこしてあやしてあげたい。

この「あげたい」と言う気持ちが、いつしかとても負担なものになってしまうのですね。

「子供の為に~しなければならない」という気持ちと、
「疲れてくたくた。休みたい」「たまには1人でどこかに行きたい」と言う気持ちがある。

真面目なひとほど、「自分の考えはわがままなのではないか」と悩みます。
育児中だろうがなんだろうが、1人の時間が欲しいのはみんな同じなのにね。

 

育児ストレス

また、子供の成長にストレスを感じてしまう人もいます。

ちょっと子供の成長が遅ければ「障害なのではないか」と思うし、
人より歩くのが遅ければ「何かあるのでは」と思うし、言葉が遅ければそれでも悩む。
子育て中の主婦というのは、本当に色々な不安や思いと戦っているのです。

今は、市の保健師や施設担当者が「母親の悩みを聞く」と言うことを実施していますが、
すべての母親がこの様なサポートを頼るとは限りません。

むしろ、この様なサポートを受けていない「本当に1人の主婦」を救わなければなりません。
もっともっと、そういうところに国が視線を向けてくれたらと思います。

育児は本来とても楽しいもののはず。それが辛いことになってしまっているのは、
やはり「こころが疲れているから」です。頑張りすぎて疲れてしまっているのです。

そんな頑張り屋さんのママを救うためのカウンセリングが、もっと充実したら良いですよね。