カウンセラーとは

カウンセラーとは?

 

カウンセラーという職業の名前を、聞いたことはあるでしょうか。
恐らく、誰もが一度はこの資格について聞いたことがあると思います。
そんなカウンセラーの仕事内容について、触れてみましょう。

 

カウンセラーの仕事とは・・・人の悩みを聞くこと

現在、私たちの生活はとても豊かなものになりました。
食べ物も豊富にありますし、ちょっと遊ぶ場所も何もかもあって、
自分が「やりたい」と思えることを、そのまま実現することができる様にも
なっています。

でも、そんな恵まれた環境で生活する人がいる反面、
「心が疲れている人が多い」と言われています。

現代は、豊かな時代であると同時に不景気な時代でもあります。
仕事をしようと思っても、なかなか仕事が決まらない。

仕事が決まったとしても、従業員の数自体が少ない為に、
非常に忙しく働かされるという例も増えています。
仕事があわずに辞めたいと思っても、不景気である為に仕事を辞めることができず、
あわない仕事を続けているという人も少なくないでしょう。

そんな時代の中で、人々の心はとても疲弊していて、やり場がなくなってしまっています。
カウンセラーは、そんな「人の心の悩み」について聞く仕事のこと。

ここでは仕事の悩みについて紹介しましたが、それだけではなく、
悩みならなんでも聞くのがカウンセラーの仕事になります。

 

気軽に相談することができる存在

心の悩みを聞いてくれる仕事というと、
多くは「精神科医」のことをさすことが多かった時代もありました。
確かに精神科医は頼りがいがある存在なのですが、敷居が高く、
「なかなか相談することが難しい」という人も少なくありません。

それに、精神科医はどうしても忙しいので、
なかなかゆっくり相談することができる様な時間をとることができない、
という事情もあった様に思います。

しかし、カウンセラーならある程度相談しやすく、気軽な存在というイメージがある様で、
現在ではカウンセラーに相談する人が一気に増えたと聞きます。
確かに、精神科医よりはカウンセラーの方が相談しやすいイメージがありますよね。

カウンセラーの存在は、
現代人がこの世の中で元気に生きていくことができる様なお手伝いをする存在。
そして、人の悩みに向き合い、じっくりと話を聞く存在です。
この複雑化した現代社会の中で、より存在感を益している職業であることは間違いありません。

また、カウンセラーに相談したいという人ばかりでなく、
カウンセラーを目指したいという人も増加し、現在では多くの人が、
カウンセラーを目指して努力をしているそうです。