あがり症

あがり症の悩み

人前でスピーチをしたり、歌を歌ったり踊ったりという行為はとても緊張するものですが、ひとたび慣れてしまうとそのプレッシャーが心地よく感じることができるものです。
アスリートやアーティストが大勢の人の前でプレイや演技を披露することは、そのプレッシャーを力に変える術を身に着けているからに他なりません。

 

あがり症の場合、失敗するのではないかというネガティブなイメージに支配され、その結果プレッシャーに押しつぶされてしまうのです。
あがり症の人にとって、衆人環視の状況は極めて居心地が悪く、そのストレスから身体への影響もあるのです。

 

あがり症の症状

最も多いのが赤面とふるえです。
初めて大勢の前でスピーチをする場合、多くの場合緊張し動悸がするものですが、数回経験をすれば慣れてしまうものです。

しかし、あがり症の場合は場数を踏んでも改善されず、常に人前で赤面し、声が上ずり、足がふるえ、手のひらや顔などに大量の汗をかくなど、誰の目にも明らかな症状が表れます。
あがり症の人にとってそれことが恥ずかしいこととして、できるだけ隠したいと思うものです。

大人になっても会議で発言する際などに、また同じ様にあがってしまうのではと思い、それが負のイメージとなり脱却できないという悪循環があります。
それはビジネスでは評価に繋がり、自信の無さを指摘される可能性があるため、早期に改善する必要があるのです。

 

あがり症の原因

人前でのピアノ演奏、スピーチ、演技などで失敗した経験がある場合、それが常に不安材料として頭の中にあるため、過剰に緊張してしまいます。
長い年月の間に自然に解消されるものもありますが、それがトラウマとなり心の傷となってしまってる場合、克服するのはたやすい事ではありません。
あがり症で良い事はあまりなく、実力があっても本番で発揮できないなどの不具合があり、自信喪失の材料が増える一方です。

最悪のケースでは対人恐怖症になったり、ひきこもりやパニック障害を引き起こし、社会生活を営む事が難しくなることがあります。
大勢の前でなくとも、人と話す事自体に強い緊張感を感じたり、職場での架電ではまわりが聴き耳を立てているのではないかという強迫観念に駆られ、電話恐怖症になるケースもあります。
こうした症状を社交不安障害と言い、心の病気として医療機関を受診する必要があります。

 

あがり症の改善策

あがり症であることを自覚している場合、早期にカウンセリングを行う事で比較的短期間に改善することができます。
冠婚葬祭でのスピーチや、就職試験の際の面接、職場でのプレゼンなど、逃げられない状況に遭遇する機会はあるでしょう。
人前で何かをする機会は人生の節目節目で幾度となく訪れるため、早い機会に解消することで楽に乗り切ることができるのです。

心療内科を受診することもできますが、病院では抗鬱剤を処方されるだけで、根本的な解決には至りません。
あがり症を改善するためにはカウンセリングを受ける事が最善の選択となります。

ただし、カウンセラーとの相性が重要になる場合もあります。
何故なら極度の対人恐怖症場合、カウンセリングを受けること自体に強いストレスを感じるため、症状が一時的に悪化するケースも報告されています。

ただし、こうした試みを何度も重ねるうちに慣れが生じます。
慣れるというのは、状況を乗り切る自信がついたということに他なりません。
経験値を積むことで、あがり症は飛躍的に改善する事が可能なのです。

ひきこもり

ひきこもりの定義

ひきこもりには程度の差こそあれ、多くの人にとってあり得る現象です。
誰とも口をききたくない、一人になりたいという時間は誰しもあるもので、自室があればひきこもって何時間も出てこないこともあります。

多くのケースでは自然に解消され、しばらくすると外に出て行きますが、長期間部屋から一歩も出られなくなる状態がひきこもりです。
ひきこもっているのは部屋というよりも、自分自身の周囲に築いた壁の中に閉じこもってしまっているのです。

最初は家庭の中でも口をきかなくなったり、食欲がなくなったり、何にも興味を示さなくなるなどの兆候があります。
共に過ごす時間の長い家族がその兆候に早い段階で気づき、悩みを共有することで解決するのです。

 

ひきこもりる際の心理状態

周りとの接触を避け、一人になりたい時は誰にでもありますが、一生一人でいたいわけではないはずです。
人は社会生活を営む生き物であり、生きていくためには複数の社会と関わっていかなければなりません。

それが分かっていてもひきこもるには、大きなストレスを感じているからに他なりません。
うつ病に極めて近く、心理的抑圧が生み出す逃避行動の一つです。

 

自分の感情を抑える

人間関係において、自分の感情をストレートに他者にぶつけていてはトラブルが絶えません。
皆、心の中では怒りやイライラを感じていながらも、それを押し隠し、円滑な人間関係を維持しようと努力しているのです。

しかし、許容限度を超えた他者からのプレッシャーが続くと、自分の感情を抑えることは難しくなっていきます。
その結果、その歪が様々な行為や身体的トラブルを招くのです。

抑圧から解放されるための代償行為として、万引きを繰り返したり、ネットへの匿名の書き込みなど、ネガティブな行為へと走るケースもあります。
ひきこもりはその逆で、一切の関わりから自分を引き離し、守ろうとする行為です。

 

ひきこもりにやりやすい性質

いわゆる良い子というのが危険な傾向にあるのです。
誰にでも良い顔を見せるということは、異常に人に気を遣うということで、常に自分を抑えている可能性が高いのです。

勿論自分の現状に満足し、常に前向きで健全な精神の「良い子」であることの方が多いのですが、自分を受け容れてもらいたいために常に相手に気を遣うのとは異なります。
心に強い劣等感や自己嫌悪がある場合、自分をさらけ出す事が怖くなるのです。

解決には、不必要なコンプレックスからの解放が必要です。
自分を好きになれないことがひきこもりの原因の場合、全ての心の病と同様に相談者の状態自覚させ、しっかりと受け止めることから始める必要があります。
カウンセリングによって、原因を探り出すことができれば、それが治癒への道の始まりとなります。

アダルトチルドレン

機能不全家族

アダルトチルドレンという言葉は広く浸透しているものの、実際には正しく理解されていないというのが現状です。
家庭に問題があり、暴力をふるう我儘な大人というような単純なものではないのです。

根深く、目に見えない心の闇があるのです。
アダルトチルドレンを生み出す環境として機能不全家族が挙げられますが、家庭内で親から子への身体的、精神的虐待があったり、愛情を示さないネグレクトにより、成長期の子供の心理に多大な影響を与えるのです。

 

地域社会との関わり

また、地域社会の中で孤立した家庭も機能不全家族に位置付けられ、子育ての大きな妨げとなってしまうことが多いのです。
かつて子供は近所の子供たちと遊ぶことで、学校とは異なる集団に属し、年齢の違う同世代の子供と一緒に過ごす事で社会性を身に着けることが出来ました。
地域社会との連携というのは極めて重要なのです。

 

負の連鎖

親に愛情があれば多少の体罰があったとしても、子どもがアダルトチルドレンになる可能性は少ないのです。
しかし親がストレスを抱えていたり、親自体がアダルトチルドレンだった場合、子どもを健全に育てる事が難しく、結果として子供にも悪影響を及ぼします。

親子ら子への負の連鎖を断ち切らない限り、アダルトチルドレンや依存症の親子関係は続いてしまう確率が高いのです。
また、常に夫婦喧嘩の絶えない親の元で育った子供は、大きな物音や怒鳴り声に常にびくびくして生活していたため、大人になっても打撃音や怒号を聞くと震えが表れたり、動悸がしたり、なんらかの身体的トラブルを抱えているケースがあります。

 

アダルトチルドレンのチェックシート

自身や家族がアダルトチルドレンかどうかを知るための、簡単チェックシートがあります。
カウンセラーやメンタルクリニックによって内容に多少の差はありますが、傾向を知るのに必要な項目が20~30項目程あり、チェックを付けていくだけで危険度がわかるものです。
心理テストなどでも使われる手法で、通常はどの項目にも当てはまりません。

 

幼少期の心の成長

人間は幼少期に人格の基礎ができてしまいます。
三つ子の魂百までもと言われる通り、幼い子供にとって家族は世界であり、それが常識となってしまうのです。

例え家庭内に問題があったとしても、子どもにはそれを判断する比較材料がありません。
したがって、機能不全家族の中で育つ子供は、人格形成に置いて重大な欠陥を生じてしまうのは否めません。

 

責任転嫁

子どもに責任はありませんが、子どもが成長した時に自身の家庭が他とは違う事を悟り、自分がアダルトチルドレンであることを認識した場合、親の責任を問う確率は高いのです。
既に過ごしてしまった幼少期の時間を取り戻す事は誰にもできません。
責任転嫁して逃げても、時間の無駄であることに気づく事が大切です。

カウンセリングのアプローチとしては、まず相談者がアダルトチルドレンであることを自覚し、機能不全家族の中で育ったことをしっかりと認識する事から始めます。
その上で、抑圧された環境で育ったことと向き合い、相談者が爆弾を抱えている事に気づかせることで、脱却へのスタートラインに立つことができるのです。

依存症

間違ったストレス発散法

ストレス社会の現代、人それぞれにストレス解消法を持ち、健全な社会生活を送っていますが、過度なストレスに対してはいつも以上の休養やストレス発散が必要となります。
時には逃げることも必要ですが、間違った方法でストレスを解消した場合、依存症となってしまいます。
最初は少しでも効果がありますが、徐々に量が増えていき、ついにはそれなしではいられなくなるのです。

依存症には様々なタイプがありますが、大きく3つに分けられます。
物質への依存、行為への依存、人間や動物への依存です。

物質への依存症として最も多いのがアルコール依存症です。
中毒性が強く、アルコール効果の持続時間も時間の経過とともに短くなって行き、効果が切れると震えや動悸、吐き気など身体に重篤な症状が表れます。

また、薬物依存症は最も危険な依存症で、自らの生命を脅かすだけにとどまらず、周囲の人々に対して危害を加える可能性もあり、大きな社会問題となっています。
近年、禁煙外来が注目されていますが、たばこも中毒性が強く、禁煙を試みても幾度も失敗するケースは少なくありません。

依存する対称は人間や動物である場合もあります。
親子であったり恋人や友人であったり、ペットであることもあります。

思い込みによる特定異性への過度な依存症は、ストーカー行為に及ぶ危険性もあります。
ペットへ愛情を注ぎこみ、死亡した際のペットロスも社会問題として大きく取り上げられています。

最近問題となっているのが、若年層のゲーム依存症やメールやラインへの依存症です。
携帯を手放すことができず、友人や恋人と一緒にいるにも関わらず、誰かとラインやメールで繋がっていなければ心が休まらないのです。
形のない依存症は他にも沢山ありますが、経済的に大きな影響があるのが買い物依存症とギャンブル依存症です。

 

依存症になりやすいタイプ

依存症になりやすい性質というものが統計として出ていますが、だからと言って依存症になるわけではありません。
環境によっても大きく異なり、一概には言えません。

一つの傾向として言える事は、継続的なストレスがあるということです。
何かを求めても得られない欲求不満や、逃げ出したい事象が日常的にあることで、発散方法とて物や人、ペット、行為に一時的に退避する事で自分の心を守ろうとします。
しかし、結果的には依存する事で自分を縛ることになってしまいます。

治療へのアプローチ

やはり早期発見が早期治癒には重要です。
周囲の人間の気遣いが必要であるだけでなく、根本的な原因を取り除く手助けが必要となります。

アルコールや薬物への依存症の場合、まずは病院での治療が最優先となります。
しかし、身体的な問題を取り除いても一時的なものでしかなく、退院後再び手を出す確率が極めて高いものでもあります。

依存症からの脱却にはカウンセリングが欠かせないのです。
アプローチとしては、心を縛る対象物からの解放のために、依存症であることに気づかせ、乗り越える手助けをする事です。

依存症とひとくくりにしてカウンセリングを行うカウンセラーももちろんいますが、アルコール依存症や薬物依存症に特化したカウンセラーもいます。
ある依存症の解消法に長けているカウンセラーが、早期治癒に力を発揮するのです。

パニック障害

パニック障害の定義

一度は耳にしたことがあるであろう精神疾患の一つにパニック障害があります。
パニック障害とは、必要以上に不安感を持つことで身体にも変調をきたしてしまう神経の病気です。

主な症状としては、突然動悸やめまい、吐き気、ふるえ、発汗などに見舞われ、息ができないなど、死を意識するほどの苦しさが数分間続きます。
この発作は直ぐに収まりますが、ひとたび発作を経験してしまうと、いつまた同様の発作に襲われるかという不安感に苛まれることから、かつては不安神経症と言われていました。

不安障害の一つとしてパニック障害があるという位置づけで、他にPTSDや強迫観念、恐怖症などがあります。
パニック障害は目に見えて激しい発作が起こるためあらゆる病気が疑われますが、検査をしても異状なしという結果となるのです。
そのためてんかんや自律神経失調症と間違われやすい疾患でもあるのです。

 

メカニズム

では、何故パニック障害に陥るのでしょうか。
それは脳内物質にその原因があります。

ノルアドレナリンという神経伝達物質がありますが、危険が迫っている際にそれを伝える役割をする物質ですが、過剰分泌する事でパニックを起こすという説と、もう一つはノルアドレナリンを抑える役割をするセロトニンという神経伝達物質が不足することで起こるという説があります。
遺伝的要素が強いことも報告されています。

また、食生活が影響しているという説もあります。
過食や不規則な食生活が原因でインスリンの分泌が過剰となり、低血糖を起こしてしまうのです。
そのため対策として栄養士による食事指導が効果があるのです。

 

パニック障害にやりやすい人

正確なことは判っていませんが、不安を感じやすい人に起こりやすいと言われています。
ネガティブな状況をイメージしてしまい、不安に陥る事で発作が起こり、周りの人間にまで迷惑をかけてしまう。また発作を起こしたことで再び同じような症状に襲われるのではないかという不安に襲われるという悪循環です。
また、パニック障害は精神的な要因よりも、脳の機能の一部に異常があることが最大の原因です。

お困りの際は、心療内科や精神科を受診するケースが殆どですが、循環器内科で心電図の検査や甲状腺科を受診する事が肝要です。
その結果異常が見つからなかった場合に、初めてパニック障害を疑うというフローになるのです。
主な治療法はSSRIというセロトニンをの投薬が主軸になり、ノルアドレナリンを抑えるセロトニンを増やします。

カウンセラーによるヒアリングも重要な治療法の一つです。
不安に陥りやすい思考の癖を矯正する事で自信がつき、パニック発作が減少し、いずれは薬からも脱却する事が可能となるのです。