カウンセラーと精神科

カウンセラーと精神科

どうも最近、「カウンセラー」と「精神科医」の区別が
ついていない人が増えている気がします。

また、「カウンセラーは心療内科で働くことができる」と考えている人も多く、
なんだかたくさんの人が「カウンセリングを誤解しているな」と感じる様になりました。
ここで、カウンセラーと精神科の違いを明確にしておきたいと思います。

 

「精神科」は医療機関である

精神科とは、当たり前ですが医療機関のことをいいます。
悩んでいることや苦しいことを打ち明ける場所という点では同じかもしれませんが、
精神科の場合は「精神科医」が対応し、しっかりと「診断名をつける」という違いがあります。

精神科は、

「診断名をつけ、その診断名に沿った治療方法を施していくこと」
「時には、薬の服用や入院を勧める」

という機関なので、カウンセラーが行う業務とはまったく違いますよね。

もし、心の悩みを抱えている人で「薬を服用したい」と考えている人がいれば、
そういう人は精神科へ行ってみるといい答えが見つかるかもしれません。

 

病院より頼りやすいのがカウンセラー

一般的に、カウンセラーは「病院よりは敷居が低い」と言われているそうです。
確かに、病院よりはカウンセリングのほうが行きやすいですし、
こちらのほうが素直に話せるという人も少なくないと言われています。

お医者さん相手だと、どうしても構えてしまって、
言いたいことが言えなくなってしまう人も多いですからね。

そういう人は、カウンセリングを頼ってみると
いい結果が生まれるのではないでしょうか。

もちろん、カウンセラーにも個性がありますので、
「じぶんにあったカウンセラーを探す」ということを、
徹底してみてほしいと思います。

もし、カウンセリングでいい結果を得ることができない場合は、
クリニックにするなど、段階を踏んだ治療をすることができるといいとおもいます。

カウンセラーは心の、病の治療をする第一段階として、
非常に有益なものであるといえます。

精神科の様な専門的な治療を受けられる場所とは異なりますが、
それでも「通ってみて、決して損は所しない場所」であることは、
確実ではないでしょうか。

また、「ただ話を聞いてもらいたい」という時に、
利用することができるのもカウンセラーのいいところです。

カウンセラーにもたくさんのメリットがありますので、
ぜひともそのメリットに応じた使い方をすることができたら良いですよね。

ぜひ、カウンセラーの有意義な使い方を実践してみて下さい。

人の心の悩みを聞く仕事

人の心の悩みを聞く仕事

どんな種類のカウンセラーであっても、
基本的に「人の悩みを聞き、解決に導く」ということを
生業にしていることはかわりません。

どんな分野で働くにしても、どんなところで仕事をするにしても、
カウンセラーと言う仕事は「人の悩みを聞き、場合によってはアドバイスをする」と言う仕事。
これは本当に難しいことだし、簡単にできるようなことでもありません。

 

カウンセラーの良し悪し

実際にカウンセラーに話を聞いてもらったという経験を持つ人がいます。
その人の話を聞いてみると、多くの人がカウンセラーに対して不満を持っていることがわかりました。

例えば「勇気を持って相談に行ってみたけれど、ぜんぜんこちらの話を聞いてくれず、
一方的に話をされるだけで終わってしまった、とても後味が悪いので、もう行きたくない」と
書いている人がいました。

また、他にも「カウンセラーの言い方が厳しく、こちらから質問をすることも辛い。
悩みがあるから相談にいっているのに、それをぜんぜんわかってもらえず、
何のためにいったのかがわからない。

もう二度と行きたくない」と言っている人も・・・。
カウンセラーに不満を持っている人は、決して少なくないことがわかりますよね。

こうして、一度カウンセラーに不満を持った人と言うのは、
二度とそのカウンセラーに話を聞こうとは思わないでしょう。

これは、カウンセラーとしても残念なことですし、
また相談をしたいと考えた人にとっても、がっかりなこと。
カウンセラーの仕事は、思った以上にシビアです。

一度でも「もういい」と思われてしまえば、その後もう一度信頼関係を築くのは難しいでしょう。
だからこそ、カウンセリングには細心の注意をしばければならないし、話を聞く時も、
相手の気持ちを十分に考えた話し方をしなければならないのです。

そういうことまで考えてカウンセリングができる人が、「いいカウンセラーである」といえるのでは。

カウンセラーになることができたとしても、それで終わりと言うわけではなく、
その後もきちんとフォローをしていくことができて、初めて「いいカウンセラーになる」と言うことが
できるのではないでしょうか。

 

カウンセラーになりたい人へ

カウンセラーになりたいという人には、カウンセラーになるということの重さを感じてほしい。

カウンセラーと言う仕事は、人の人生を左右するものであり、
またその人の人生に影響を与えるものでもあるからです。

自分の意見を一方的に述べるのが、カウンセラーではありません。
だからこそ、カウンセラーは言い方を考えなければならないし、「何ができるか」を、
常に考えながら仕事をしなければならないのではないでしょうか。

 

カウンセラーの種類

ELL75_yousyohondana20120620500-thumb-1195x800-5064

カウンセラーにも種類があり、それぞれのカテゴリで役割を果たしています。
こうして、細分化が行われているということは、それだけ業界の事情に特化した
カウンセラーの存在が必要になっているということなのかもしれませんね。

そんなカウンセラーの種類についてご紹介しましょう。

参考:カウンセラーの種類

 

産業カウンセラー

特に、大手企業で働くことが多い様です。
大手企業の中には、仕事の忙しさや人間関係などから重い悩みを持つ人もおり、
そんな人が気軽に相談できる存在として、カウンセラーを雇うケースがあります。
ただし、正社員ではなく非常勤として雇われることが多いそう。

また、それらの悩み相談を聞くばかりでなく、スキルアップをしたいと
考えている社員に対し、サポートを行うこともあるそうです。

スキルアップについての悩み相談を聞くこともあり、
まさに「企業内の悩みなら、何でも聞く」という役割なのかもしれません。

 

スクールカウンセラー

学校内で起きる悩みについて、話を聞くカウンセラーになります。
いじめや不登校に苦しむ子供の相談や、親の悩みを聞くことが、スクールカウンセラーの役割。
現代では、子供の人間関係も複雑化しています。

また、親であっても子供の姿を全部は把握することができないことも多く、
そんな時に悩みを聞く立場として、スクールカウンセラーがいるのです。
子供たちが心身ともに健やかに成長することができる様に、お手伝いをする仕事になります。

 

ドッグライブカウンセラー、ホリスティックケアカウンセラー

現代社会において、ペットの存在は家族と同じものになっています。

そんなペットたちが幸せに生活することができる様、飼い主に対して
アドバイスを行っていくのがホリスティックケアカウンセラーの仕事になります。
ペットにとっていい環境と、人間にとっていい環境には違いがあるもの。

そんな中で、双方が心地よく生活するにはどうしたらいいのかを考えるのが、
ホリスティックケアカウンセラーです。

そして、犬のしつけで悩んでいる人のためにいるのが、「ドッグライフカウンセラー」。
犬のしつけや飼い方の相談に乗ってくれるカウンセラーです。

ここまで書いてみて解ると思いますが、本当にたくさんのカウンセラーが活躍しており、
それぞれが役割を果たすことで、現代人の悩みを解消しています。

もちろん、ここで紹介していないカウンセラーの仕事もあり、本当にたくさんの種類があるのです。

カウンセラーが働く場所

カウンセラーが働く場所

カウンセラーが働く場所は、思った以上に多い様です。
ここで、カウンセラーが具体的にどんな場所で働いているのかについて、
記述をしてみましょう。

 

心療内科

おそらく、一般的なカウンセラーのイメージが、この「心療内科で働く」というものでしょう。

今は個人病院で心療内科を立ち上げているところも増えており、
悩みを持つ多くの人がこの「カウンセリング」を利用しています。

また、近年は大きな病院でも心療内科を設けており、
そこで精神科医や臨床心理士がカウンセラーとして働く例も増加しているそうです。
「病院」という場所で、この仕事をしている人は、決して少なくない様ですね。

今は、カウンセラーの存在が多く求められていますので、ひとつの病院に数人のカウンセラーが常駐するなど、
できるだけたくさんの人の悩みを聞くことができる様、努力をしているところも増えています。

 

福祉施設

心療内科だけでなく、福祉施設で働くカウンセラーもいます。
福祉施設で働くカウンセラーは、お年寄りや障害者に関わる仕事をしています。

例えば、カウンセラーとして働くことが多い臨床心理士は、
近年になって発見されることが多くなった「発達障害児」の療育に携わることも。

発達障害は近年になってできた障害名ですので、この様な障害を持つ子供や大人の悩みを聞くために、
カウンセリングを行うような事例も増加しているのです。

心理士は、発達検査を行う例も増加しており、発達障害児を支える存在として、
非常に大きな役割を果たしつつあります。

 

児童相談所・更正施設

児童相談所や更正施設でも、カウンセラーは働いています。
児童相談所や更正施設にいる子供の場合、心に何らかの傷を抱えていることが多いので、
それをサポートしていく存在が必要になります。

子供たちが抱えた悩みや抱えている気持ちなどを、
上手に聞き出すことが児童相談所や更正施設の役割です。

こういった場所で、子供たちは、なかなか大人相手に心を開かないこともありますし、
自分が言いたいことを素直に言うことができないこともあります。

そこを、辛抱強く子供に寄り添い、少しずつ心の中を見て行くような根気の良さが、
カウンセラーには求められます。

このように、カウンセラーはたくさんの場所で働き、
色々なところで人の心を支えるための活動を行っています。

そして、これだけたくさんの場でカウンセラーが必要とされるほど、
現代人は多くの悩みを抱えているのだといえるでしょう。